So-net無料ブログ作成

2泊3日の北海道旅行④ [家族旅行]

既に行ってから2か月近くになりますが、記事が中途半端に終わっているので、8/11~13に家族
四人で行った北海道旅行の続きについて書いてみます。

2日目、美瑛を出てからは、雨の降る中、かなりの距離を一気に移動し、定山渓温泉に行きました。
その日はここの温泉で宿泊です。
定山渓にはかっぱ伝説があり、あちこちにかっぱの像がありました。
IMG_1168-1.JPG

夕方、渓谷を散策してみました。
IMG_1169-1.JPG

翌日、旅行の最終日は、支笏湖へ。
支笏湖は千歳市にある湖で、湖の周囲は約40kmと、山手線一周と同じくらいの広さがあり、屈斜路湖に
次いで日本で2番目に大きいカルデラ湖だそうです。
また、日本最北の不凍湖、透明度は摩周湖とともに世界屈指、水深は田沢湖に次ぐ国内2位、貯水量は
琵琶湖に次ぐ国内2位、など数々の「記録」を持っている湖です。
確かに、こうしてみると、まるで海岸線に立っているみたいですね。
IMG_1173-1.JPG

湖の周りには、いくつかの活火山があります。
IMG_1174-1.JPG

場所を変えながら、支笏湖を撮ってみました。
IMG_1175-1.JPG

この赤い鉄橋は、湖畔に残る「山線鉄橋」です。北海道に残る最古の鉄橋で、元々は北海道官設鉄道上川線(現在のJR函館本線)の砂川~妹背牛間に明治32年に架けられました。その後、大正13年に
王子製紙に払い下げられて、「湖畔橋」として現在の位置に移設され、当時の王子軽便鉄道(通称
「山線」)の鉄橋として、昭和26年まで使われていたそうです。
IMG_1177-1.JPG

更に、支笏湖の写真を何枚か。
IMG_1180-1.JPG

IMG_1181-1.JPG


IMG_1182-1.JPG

この後、飛行機までかなり時間があったので、千歳水族館に行ってみました。25歳の長男と、19歳の二男
を連れて四人で水族館、というのもおかしなもんですね。
IMG_1188-1.JPG

とは言え、こちらの水族館はなかなのもので、淡水では日本最大級の水槽だというし、千歳川の水中を
直接見ることのできる日本初の施設「水中観察ゾーン」では、秋には千歳川を遡上するサケの群れを
見ることができるそうです。
IMG_1186-1.JPG

IMG_1185-1.JPG

水族館を出た後は、近くにあったアウトレットモールに立ち寄り、そして夕方の飛行機で羽田へと
向かいました。
IMG_1190-1.JPG

2泊3日、しかも移動の時間が長く、あっと言う間に終わってしまった感がありましたが、それでも
普段はほとんど声を交わすことのない子供達とゆっくり過ごせた、という意味では充実していました。
最終日の水族館では快晴でしたが、それ以外はほとんど曇り空だったのが残念なのと、富良野まで
行きながら、今日、ラストランを迎えた「クリスタルエクスプレス」を見なかったのが心残りでは
あります。
さて、来年もまた家族4人で旅行することができるでしょうか。

nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「丘のまち 美瑛」へ(2泊3日の家族旅行③) [家族旅行]

8月12日、北海道旅行の2日目、ホテル思惟林を後にした私たちは美瑛の街へと向かいました。
美瑛と言えば、美しい丘の風景。幾重にも連なるなだらかな波状の丘陵地帯にどこまでも畑が
拡がっていて、「パッチワークの丘」とも言われています。そんな美瑛の観光スポットの一部
に行ってきました。

最初に訪れたのは「ぜるぶの丘」です。。
IMG_1145-1.JPG

ラベンダーの季節は終わってましたが、雄大な自然を背景に、広大な敷地にはヒマワリやポピーなどが
咲き誇っていました。
IMG_1143-1.JPG

IMG_1147-1.JPG

IMG_1148-1.JPG

次に向かったのは、「ケンとメリーの木」。40年以上前に放映された日産スカイラインのCMの
ロケ地になって以来観光スポットとなった1本のポプラの木です。私はそのCMを見た世代なので
今も懐かしさがありますが、ここにも多くの中国人観光客が(日本人以上に)大勢いました。
あのCMを知らなければ、単なるポプラの木、でしかないと思うのですが。。
IMG_1150-1.JPG

IMG_1152-1.JPG

パーチワークの路を走っていると、こんな景色が見えてきます。
IMG_1153-1.JPG

IMG_1155-1.JPG

続いては、「セブンスターの木」。1976年にセブンスターのパッケージに採用されたという、丘陵
地帯にポツンと立つカシワの木です。
IMG_1160-1.JPG

IMG_1161-1.JPG

セブンスターの木のすぐ近くにある白樺並木も、撮影スポットの1つのようです。
IMG_1158-1.JPG

美瑛の最後は「北西の丘展望公園」。ピラミッド型の展望台から臨む360度の大パノラマ。
まさに美瑛、これぞ北海道、という景色でした。
IMG_1162-1.JPG

IMG_1163-1.JPG

IMG_1164-1.JPG

この日は朝からあいにくの曇天。
晴れていれば、もっと景色を楽しむことができたでしょうし、写真もきれいに撮れたのでしょうけど、
それでも、家族4人、雄大な風景を十分に堪能することができました。
nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

十勝岳温泉のホテル「富良野 思惟林」へ(2泊3日の家族旅行②) [家族旅行]

8月11日に泊まった温泉旅館「ホテル富良野 思惟林」について紹介させていただきます。

「ホテル富良野 思惟林」は、十勝岳の中腹、標高1,000mにあるホテルで、周囲は白樺などの樹木に
囲まれていて、大自然の中にある秘境のようなところです。11室しかなく、源泉掛け流しの温泉が
あり、非常に魅力的なホテルでした。
外観はこんな感じです。
DSC_0731-1.JPG

周囲には建物も電灯もなく、夜は暗闇の中に、このホテルだけが見えている感じです。
IMG_1134-1.JPG

IMG_1136-1.JPG

ホテルから見える夕暮れの十勝岳です。
IMG_1135-1.JPG

今回宿泊したお部屋は1室だけあるスイートルームです。楽天トラベルの1000円のクーポンを利用して
税込68,000円でした。高いと言えば高いのですが、8月のお盆の3連休に大人4人で利用してのこの価格、
決して割高ではないです。
こちらは部屋のリビングです。ちなみに部屋の広さは43畳です。
DSC_0721-1.JPG

IMG_1113-1.JPG

ベッドルームです。
IMG_1114-1.JPG

和室です。
IMG_1119-1.JPG

そして、キッチン&バーカウンターです。
IMG_1120-1.JPG

ここにあるお酒、リキュールと、冷蔵庫にあるコーラやウーロン茶はすべて飲み放題です。
IMG_1121-1.JPG

夕食は、道産牛と、地元富良野・美瑛の食材をできる限り使ったというコース料理です。
まず前菜。海の幸のカルパッチョです。甘えび、ホッキ、サーモン、ホタテ、イクラなど、贅沢な
具材が使われてました。
IMG_1125-1.JPG

十勝産のコーンスープです。
IMG_1128-1.JPG

続いて、魚料理です。白ワインソースで味付けしたさわらのソテーです。ライ麦パンもついてました。

IMG_1130-1.JPG

そして肉料理は道産牛のステーキです。赤ワインソースがかかってます。
IMG_1131-1.JPG

デザートは富良野メロンです。
IMG_1133-1.JPG

過去の口コミを見ると、厳しいコメントの人も少なくないのですが、味も雰囲気も、そしてスタッフの
方々の接客も、とても良かったですよ。

写真は撮れませんでしたが、露天風呂もあるお風呂は、部屋数は11と少ないこともあって、いつ行っても
独占状態でした。長距離の移動で疲れた身体を癒すには最適のお風呂です。

この夜は曇っていて、星空を鑑賞できなかったのが残念でした。

翌朝。朝食はバイキング形式です。北海道産の食材をふんだんに使った贅沢な朝食を楽しめました。
DSC_0733-1.JPG

朝の十勝岳です。
IMG_1139-1.JPG

今回はホテルのPRだけになってしまいました。

どういう宿に泊まりたいかって、人それぞれ考え方があると思いますが、私はこのホテル、是非
また泊まってみたいホテルの1つです。


nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:地域