So-net無料ブログ作成

(日本100名城)会津若松城へ(本丸編) [東北]

ライトアップされた会津若松城の天守閣を見た翌日の朝、雪の降る中、あらためて会津若松城を
訪ねました。
本丸に着いたのは9時過ぎ。8時半過ぎから雪が徐々に本格的に降り始め、天守閣の近くに着くころには、
この通り、すっかり雪化粧していました。
IMG_0436-1.JPG

今回は本丸を一周した様子を記事にします。こちらは、本丸の南側に建つ干飯櫓です。
IMG_0423-1.JPG

帯郭から見上げた天守閣です。
IMG_0439-1.JPG

帯郭から本丸への入口にある、裏門跡の枡形の石垣。築城時には表門でしたが、寛永16年(1639年)
の改修時に裏門となったそうです。
IMG_0444-1.JPG

本丸東側の高石垣。高さ20mあります。
IMG_0445-1.JPG

本丸の東側にあった茶壷櫓跡です。
IMG_0460-1.JPG

そして、本丸の東南にあった月見櫓跡です。
IMG_0462-1.JPG

御三階跡。本丸唯一の高楼建築「御三階」がありました。現在、御三階は戊辰戦争の後に、市内に
ある阿弥陀寺に移築され、今も現存しています。
IMG_0467-1.JPG

表御殿そして藩主の居間跡です。
IMG_0468-1.JPG

この時点で9時50分。雪がかなり強く降ってきました。天守閣にもかなり積もってます。
IMG_0470-1.JPG

南走長屋と飯干櫓です。
IMG_0474-1.JPG

表門(鉄門)と走長屋、それに天守閣です。
IMG_0475-1.JPG

少し離れた場所から、表門と走長屋と天守閣です。
IMG_0477-1.JPG

天守閣をもう1枚。この時点で9時57分です。雪はまだまだ降り続いてました。
IMG_0479-1.JPG

そしてそのほぼ1時間後。11時1分に撮ったのがこの写真。雪が止み、急に晴れ間が見えてきたの
ですが、それにしても、真っ白だった天守閣にはあっと言う間に、雪がなくなりました。
IMG_0506-1.JPG

ということで、このように、同じ日に、しかも1時間強の間に、雪景色の中の天守閣と、陽があたり、
光輝くような天守閣の両方を見ることができました。
帰りに乗ったタクシーの運転手さん曰く、数年前の改装の際に、雪が積もりにくい瓦に付け替えた
とのことでした。なるほど。ということは、雪化粧した天守閣を見ることができたのは、運が良かった
のかもしれませんね。
IMG_0507-1.JPG

次回は、本丸以外の場所を記事にしたいと思います。
nice!(39)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 39

コメント 0